2017年9月号 vol.18

特集 日本橋で味わう 世界のお茶とおいしいもの

同じ茶葉からできているのに、
製法によって色や味、香りが大きく異なる紅茶や緑茶。

文化や環境の違いも加わると、
さらに奥深い魅力を発揮します。

日本橋で楽しめる、
世界のお茶とグルメ&スイーツをご紹介します。

ウズベキスタンのお茶
緑茶&紅茶

ウズベキスタンでは、緑茶と紅茶の両方を飲みます。どちらも、薄めに抽出するのが特徴。大きなポットにたっぷりのお茶を用意し、少量ずつカップに注ぎます。

おしゃべりしながらゆっくり楽しむ食後のお茶/ウズベクティー 500円
Wine&Beer ALOHIDDIN 日本橋店

ウズベキスタン出身のシェフのレストラン。おすすめは、ウズベキスタン代表料理のひとつラグマンです。トマトスープに小麦粉麺と肉や野菜が入った、さっぱりとした一品。食後のお茶は、時間をかけて2~3杯は楽しみます。

中央区日本橋2-16-4
☎ 03-3271-0221
平日 11:00~14:00/17:00~23:00
土 17:00~23:00 祝 17:00~23:00
日休み
MAP
ラグマン 1,200円(要予約)
インドのお茶
マサラチャイ

紅茶の生産量世界一のインドでは、細かい紅茶の茶葉に牛乳と砂糖を加えて煮出したチャイと、それにシナモンなどのスパイスを加えたマサラチャイが飲まれています。

インド料理は食後のお茶もスパイスが香る!
南インド料理ダクシン 東日本橋店

南インド料理を楽しむなら、パリパリとしたインド風クレープ“ドーサ”のセットがおすすめ。選べるカレーも、インド五つ星ホテルのシェフが手掛けるだけあって本場のおいしさです。食後のマサラチャイも本格的!

中央区日本橋馬喰町1-12-1
☎ 03-3249-9155
11:00~15:00(14:30L.O.)/17:00~23:00(22:00 L.O.)
※日・祝はアラカルトメニューのみ 無休
MAP
マサラチャイ 430円/高い位置から注ぐことで、しっかり泡立ちまろやかな風味に。スパイスも引き立ちます。
ドーサの中にはポテトマサラ。止まらぬおいしさ!/ドーサランチ 1,150円(ランチ限定)
スリランカのお茶
紅茶

小さな島国ながら、世界有数の紅茶の出荷国のひとつ。現地では、粉ミルクやたっぷりの砂糖を入れて飲むのが主流です。1日3~5回は飲みます。

スリランカ最高級紅茶でアフタヌーンティー/アフタヌーンティセット 2,800円
エビデビル 1,600円/ディナーでおすすめのスリランカ料理“デビル”。炒めた肉をスパイスや酸味のあるトマトソースで味付けします。
中央区日本橋2-7-1
☎ 03-6262-1407
平日 11:30~22:30
土・日・祝 11:30~21:00
年末年始休み
MAP
スリランカ料理KANDY

1835年に創設された、スリランカ紅茶の老舗ブランド「ジョージスチュアート」の上質な味わいを、焼き菓子や果物、ヨーグルトにヤシの蜜をかけた“キリパ二”と一緒に楽しめます。ホテル出身のシェフが手掛ける料理も絶品です。

モロッコのお茶
ミントティー

煮だした細かい緑茶に、たっぷりのミントと砂糖をポットに入れ、カップに注ぎます。1日に何度も飲まれる、国民的ドリンクです。

たっぷりのミントを使った甘いミントティーがモロッコスタイル/モロッコ式ミントティー 650円
季節の魚のタジン 1,400円
中央区日本橋大伝馬町2-9
☎ 03-3663-3021
火・水 12:00~20:00/
木~土 15:00~22:00
月・日・祝休み
※席数が少ないため、ご予約をおすすめします。
MAP
DALIA食堂

まるで現地のような異国情緒あふれる空間で楽しめるモロッコ式ミントティー。おすすめはタジン料理。食材をスパイスで味付けした、煮込み料理です。

中国のお茶
中国茶

生産、消費ともに世界随一のお茶大国。中国や台湾では、茶館と呼ばれる場所でお茶を楽しんだり、マイ水筒に茶葉を入れてお湯を継ぎ足しながら飲んだりと、お茶が生活に深く根付いています。

本格的な中国茶を気軽に楽しめる/仙草フルーツ 400円/武夷岩茶(ぶいがんちゃ) 日替わり岩茶 580円
中央区日本橋人形町1-10-6
☎ 03-6206-2119
火~土 10:00~20:00/
月 10:00~18:00 日・祝休み
MAP
ティーハウス茶韻館

中国茶の国家資格を持つオーナーの、中国茶カフェ。取り扱う茶葉は本格的ながら、ひとりでもくつろげる気軽な雰囲気が魅力です。お茶とよく合うスイーツもお店の手づくりです。本格茶器でも楽しめます。

日本のお茶
日本茶

中国から日本に伝わったお茶は、禅の思想を反映しながら茶の湯として独自の文化を形成しました。作法や客人のもてなしを重んじる茶の湯文化に加えて、日常的に茶をたしなむ習慣も、私たち日本人に欠かせないものとなっています。

お茶の老舗でいただく至極の一服/玉露と和菓子 800円
山本山 日本橋本店

創業1690(元禄3)年の老舗店本店では、茶や海苔の購入のほか、日本茶や抹茶・玉露を日本橋の菓子司・長門の和菓子やおせんべいといただける喫茶スペースがあります。

玉露
一番茶の発芽期にワラやコモで約2週間覆い、葉がうま味成分を含むように栽培した茶葉です。最高級の甘みと濃厚な味わい、豊かな香りが楽しめます。
中央区日本橋2-10-2
☎ 03-3281-0010
10:00~18:00 無休
※11~12月は10:00~19:00まで
MAP
居心地の良い空間で、気軽に抹茶を楽しむカフェ/抹茶ラテ 580円
ZEN茶’fe

抹茶や、抹茶を使ったスイーツのほか、丼ものなどの食事メニューが充実したカフェ。店舗入り口には大きな南部鉄釜があり、この釜で沸かした鉄分豊富なお湯を使ってお茶を淹れています。

特撰お濃い抹茶のクリームあんみつ 1,240円
抹茶
ワラやコモで覆って栽培した茶葉を、揉まずに乾燥させます。さらに、乾燥した茶葉(碾茶)を茶臼でひき、粉末状にしたものです。すっきりとした苦みが特徴です。
中央区日本橋室町1-11-2
☎ 03-3270-3672
平日9:00~22:00(21:30 L.O.)/
土・日・祝 11:00~18:30
(18:00 L.O.) 無休
MAP
人形町にある、お茶の木様
その昔、神社の周囲に見事な茶の木が植え込まれていたことから、茶ノ木神社と名付けられたそうです。現在も、社殿横には茶の木が青々と茂っています。
イギリスのお茶
紅茶

英国では、朝起きてから就寝前まで、さまざまなシーンに分けて紅茶を飲む習慣があります。その代表がアフタヌーンティー。紅茶を飲みながら、スイーツやサンドウィッチをいただきます。日常では、ティーバッグで濃いめに入れた紅茶にミルクを加えて飲むのが主流です。

遊び心ある和のテイストをプラス/アフタヌーンティーセット 4,158円(税・サ込)
ハンドバッグ型チョコレート。どんな柄が来るかはお楽しみに
中央区日本橋蛎殻町2-1-1
☎ 03-5641-3600(9:00~20:00)
11:00~17:00 無休
MAP
ロイヤルパークホテル ロビーラウンジ フォンテーヌ

目を引くのが、ハンドバッグ型のチョコレート。和柄のデザインで日本橋らしさを取り入れています。ハンバーガーのような、生ハムとクリームチーズのサンドも遊び心満点。写真映えするアフタヌーンティーです。

オリジナル紅茶といただく上質スイーツ/レジェンダリー アフタヌーン ティー 4,530円~
中央区日本橋室町2-1-1 38F
レストラン予約
☎ 0120-806-823(9:00~21:00)
7:00~25:00/
ティーサービス 12:00~17:30
※別途13%のサービス料を申し受けます。
MAP
マンダリン オリエンタル 東京 オリエンタルラウンジ

繊細で上質な季節のプティフールや、一流シェフによるサンドウィッチやスコーンなどどれも芸術品の域。数種類の紅茶から選べますが、おすすめはホテルオリジナルのブレンドティーです。

ジューシーで爽やかなアフタヌーンティー/フルーツフル アフタヌーンティーセット 3,564円
中央区日本橋室町2-1-2
日本橋三井タワー内
☎ 03-3241-1630
■千疋屋フルーツパーラー
平日・土 11:00~22:00/
日・祝 11:00~21:00
■デーメテール
平日・土 ランチ 11:30~14:00 ディナー 17:30~22:00
日・祝 ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~21:00
不定休
MAP
千疋屋総本店 日本橋本店 千疋屋フルーツパーラー デーメテール

果物が主役のアフタヌーンティーは、老舗果物店ならでは。上段にはカットフルーツ、中段にはフルーツのジェリー、下段にはフルーツサンドウィッチが並び、まさに果物づくしです。

ニホンバシーモ 2017年9月号 vol.18