2017年9月号 vol.18
個性がキラリ★感性ピカピカ★ 日本橋 本屋さん

興味の幅を広げたり知識を深めたり、
面白い何かと出会うならやっぱり本屋さんがいい。
昼休みや仕事帰りは、日本橋の個性豊かな本屋さんへ行こう。

室町
タロー書房

中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1・B1F
☎ 03-3241-2701
平日 8:00~21:30 土 10:00~21:00
日・祝10:00~20:00 不定休

MAP
インテリアは新幹線のデザイナー/九州新幹線つばめのデザインなどで知られる水戸岡鋭治氏が内装を担当。流線型のデザインがかっこいい!
ロゴは岡本太郎/初代社長が岡本太郎氏の親類と知り合いだったことから、岡本太郎氏に依頼。店内ではロゴの原画も見られます。
エプロンやブックカバーのデザインは水戸岡氏

三越前駅直結のため利用者が多いですが、店内は常に洗練された大人の雰囲気。入口近くのコーナーでは、独自の視点で企画展が行われることも。思いがけない一冊との出会いがあります。

本選びに集中できる洗練された空気感
ビジネス関連コーナーも大きい
女性ファッション誌も充実
このジャンルがおもしろい
  • 文庫本コーナー
    店舗奧は文庫本コーナー。通勤時に読むために買う人が多いのだとか。
    岩波文庫の品ぞろえは圧巻です!
  • 江戸・東京
    江戸関連書籍や東京の歴史の本などをまとめたコーナーがあります。日本橋ならではですね。
    日本橋の本も揃っています
  • 児童書
    児童書はロングセラーを厳選。懐かしさに、大人のほうがグッと来るかも。
兜町
雄峰堂(ゆうほうどう)書店

中央区日本橋兜町7-12 山種ビルB1F
☎ 03-3666-7213
7:30~19:00
土・日・祝休み

MAP
金運アップするかも!?株式・金融関連が多い書店

もとは東京証券取引所内で〝場立ち〟と呼ばれる証券マンのために営業していた書店。現在の場所に移転したあとも、朝早く出社する業界人のために7時半から営業しています。茅場町駅11番出口直結です。

このジャンルがおもしろい
  • 金融業界の専門誌
    金融市場予測本や業界人名簿などなかには1万円近くする書籍もありますが、売れているそうです。
  • 新聞はこれだけ
    取り扱う新聞は、日本証券新聞のみ。
東日本橋
アスカブックセラーズ

中央区東日本橋2-2-4
☎ 03-3863-3417
平日8:00~22:00
土 11:00~20:00 日・祝休み

MAP
ファサードの絵は若手画家・荒川龍太郎氏に依頼。見るほどにじわじわ来ます。

入り口は、本屋というより雑貨屋さんの雰囲気。3代目店主が、女性をターゲットに雑貨を仕入れています。本はファッション雑誌を中心に、話題の書籍や文庫本も取り扱っています。

ファッション雑誌と雑貨の楽しい店
このジャンルがおもしろい
  • ファッション雑誌
    清杉通りを渡ればすぐに馬喰町の繊維問屋街があることから、ファッション雑誌が充実。男性ファッションの雑誌も揃っています。
  • 服飾業界の専門誌
    ファッション業界の接客を特集する月刊誌や、流通業界の動向を伝える雑誌を販売。こんなのあるんですね。
人形町
文教堂書店

中央区日本橋人形町1-18-12
☎ 03-5652-1769
10:00~22:30 無休

MAP
ドリンクのラインナップが謎…バイトスタッフが「他店に置いていないもの」をテーマに仕入れているドリンク類。レアなものばかりです。

平日は近隣で働く人、週末はファミリー層の利用が多い書店。よ~く見ると取り扱い書籍や陳列が個性的で、客層に合わせて対応していることが伝わります。夜10時半まで開いているので、人形町で夜遊ぶときにも使えます。

客層に合わせた工夫がいっぱい!
このジャンルがおもしろい
  • 時代小説
    文庫本のなかでも特に人気なのが時代小説だそう。
  • 文庫本コーナー
    出版社順が多いなか、こちらでは今年から文庫本順に変更。好きな作家の本が探しやすくていい!
ニホンバシーモ 2017年9月号 vol.18