日本橋ゆかり

伝統と新しさを融合した本格懐石料理

京懐石の名店で修行した三代目が腕をふるう、昭和10年創業の老舗料亭。旬の食材や行事、暦によって料理を変える日本料理の、伝統と新しさの融合を堪能することができます。ランチ限定の「ゆかり御膳」(3,675円)は、日本料理の基本であるお通しからデザートまでを松花堂弁当で楽しむことができます。2015年のミラノ万博で紹介された「江戸っ米ぷりん」(432円)は、東京で唯一のジャージー牛飼育農家『磯沼牧場』の牛乳をはじめ、とことん東京産にこだわった一品。お米で、モチモチとした食感がやみつきになります。上品かつ落ち着いた店内で、日本料理の真髄をゆっくりと味わえます。

※「ゆかり御膳」は、日によって料理の内容が異なります。前日までの電話予約が必要です

日本橋ゆかり

※掲載情報は2016年1月現在の情報です